ネットビジネスでライフアップできるか

kakkowalts.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

故障が多い外国の自動販売機


       
フランスの自動販売機は壊れているのが多い。

コインを入れても吸収されるだけで物が出てこない事が多い。

むろん誰でも腹が立つ。機械の調子が悪いんだから、こづいてやれ。ドンと、一発目は平手で。それでダメならゲンコツで機械にジョブを入れてやる。

なんの反応もない。3発目、4発目。5発叩いてダメだと、どうも利き目がないようだ。

それでも、くやしい。

金だけ取られて、機械がまるでドロボーじゃないか。

ドロボーには、それなりの仕打ちがある。

手がダメなら足で蹴ってやれ。

一発目はサッカー・ボールを近くにパスするときのように
足の内側で蹴る。機械はドスンと振動するがなんの変化もない。

ようし、そんなら、こいつをくらえ。飛び上がって全身の力を込め
飛び蹴りだ。片足でダメなら、両足はどうだ。

ドス~ン。機械は横倒しになるかと思われるくらい揺れる。
でも、欲しかったコーラは出てこない。

これだけ、蹴られ痛めつけられた機械が正常に動く方がおかしい。

だから、その辺に置いてある機械には気安くコインは入れない方がいい。

ただ捨てるだけだから。

パリに路上駐車をするときは今はすべてプリペイドカードを差し込んで
30分とか1時間とか停めておく時間を選ぶ。

昔はコインを入れた。

これまた自動販売機と同じで金はとられてもチケットが出てこないのが多かった。

一台がダメなら周辺の別の機械を探す。

なぜなら、チケットを入れないで駐車しておくと罰金をとられるから。

機械と機械は距離を置いて設置されている。

500メートル以上は離れている。

やっとみつけてその機械も故障だったらお手上げだ。

アポの時間に15分も遅れてしまった。

いくら時間にルーズ、いや遅刻に寛容なフランス人が相手でも

もう一台探していたら30分も遅刻してしまう。

運を天に任せ、チケットを置かずにアポに駆け付ける。

終わって車に帰って見ると案の定、駐車違反のカードが
フロントグラスのワイパーに挟んであるではないか!!

やめてくれ。こちとら、良心的に駐車料金を払おうと
30分もあちこち探したんだ。

駐車違反を取り締まる前にチケット販売の機械を
ちゃんと動くようにメンテしておいてくれよな。

耐えかねて私は数度異議申し立ての手紙を書いた。

申し立ては受け付けて貰えず、罰金を2週間以内に
払わなかったかどで2倍の罰金を払えと請求書がきた。


          
[PR]
by kakkowaltsu | 2010-09-01 11:50 | 地域情報